2006年12月21日

京畿国際観光博覧会[第二回]

韓国の打楽器京畿国際観光博覧会の第二回目です。今回は博覧会で見かけた韓国らしいグッズを紹介していきたいと思います。これは「ソゴ」という打楽器で、幼稚園や小学校の音楽の授業でもよく使われます。[続きを読む前に…FC2 Blog Ranking]
オリニチブや幼稚園からの団体さんも沢山来ていました。



これは「ボクジョリ」といって、
1年の福をもたらすと言われている、いわゆる縁起物です。

ボクジョリ

「ジョリ」というのは米を研ぐときに昔使われた
こういう(↑)三角形のざるのことを指すのだそうです。

韓国のお面
韓国のお面の飾り物。

でも実際、韓国のご家庭ではあまり見かけないです。

あっ、これ。「王の男」に出てきた、あの人形じゃないですか!
「王の男」のあの人形

こちらはちょっと子供向けでチープな感じのお面。
子供向け韓国のお面

高麗人参の試飲会もありました。
高麗人参試飲会
ちょっと話すとすぐ日本人だとバレてしまい(よほど発音が悪いのか?)

「高麗人参は飲んだことありますか?」とか
「高麗人参の味は如何ですか?」とか

色々聞かれちゃって、そそくさと立ち去ってしまいました。

ソウル市のブースもありました。
ソウル市のブース

ここには観光パンフレットが沢山並んでいました。
観光パンフレット

実は、ソウルの観光スポットには「観光インフォメーション」と
いうものがあって(iマークが目印です)ここには各言語で書かれた
パンフレットの他、雑誌みたいな立派な観光案内書まで置いてあります。

旅の計画を立てるためには、日本であらかじめ観光資料を集めることも
必要かと思いますが、現地でこういう無料パンフレットもゲットできる
ので、これから韓国旅行をされる方々はチェックです。

人気blogランキングへ
もし宜しければ応援クリックお願い致します!

高陽市ブース

次回は地元高陽市のブースと、お隣パジュ市のブースを
紹介していきたいと思います。
posted by くるくり at 14:44| Comment(0) | TrackBack(1) | KINTEXレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お茶の間劇場で「王の男」を観る
Excerpt: 週末は家族で「王の男」を観ました。 【大鐘賞】『王の男』、作品賞など史上最多10部門で受賞(朝鮮日報) グルメな見どころと言えば、 大道芸人の主人公二人が ソウルに上がって王宮..
Weblog: 韓国B級グルメ
Tracked: 2006-12-21 20:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。