2006年11月23日

ジースター2006(韓国ゲームショウ)第一回

今回からG★2006のレポートに入ります。私は開催初日に行ってきました。[続きを読む前に…FC2 Blog Ranking]

HanbitSoftブースにて(G★2006)



実を言いますとゲーム業界は私にとって「古巣」です。

日本にいた頃5年ほどゲーム関連会社に勤めておりました。
とは言え、もう10年以上も前の話ですが・・・(遠い目)

さて、KINTEXについてみたら・・・
G★2006チケット売り場
こんなに並んだの初めてです!!

今回はKINTEXの5つのブロックをすべて使用した、
とても規模の大きい展示会でした。

実質は1ブロックは企業間の商談スペースとして、
もう1ブロックはイベントエリアとなっていたのですが、
それでもとても広いです。

まずは中に入って一回りしてみました。

大抵大きなブースというのは入り口付近か一番奥にあったのですが
今回の大手は会場のど真ん中に位置しておりました。

ネクソンブース(外から見たところ)
NEXSON(ネクソン)のブース。

ネクソンブース(中の様子)
他の会場から隔離されてここだけ別世界という感じでした。


中ではイベントも行われていて、とても活気がありました。

お隣のハンビットソフトのブースも負けじと活気付いておりました。
HanbitSoftブース(G★2006)

こちらも中ではイベントをされていたり、
ハンビットソフトブース(G★2006)

外側がぐるりとゲームで遊べるコーナーになっていました。
ハンビットソフトで遊ぶ人たち

昔ゲーム業界にいたとは言え、9年近く子供と遊んでいたので
最近のゲーム事情は日本も韓国もさっぱりです。

(メイプルストーリーぐらいは知っていますが)

という訳で、ネット上で見つけたG★2006関連の記事を
ここにリンクしておきます。

韓国最大のゲームショー「G★ 2006」開催―オンラインゲームのちょっと未来が見えてくる(ITmedia +D Games)
韓国最大規模の国際ゲームショウ「G★ 2006」が開催 変容しつつ進化を遂げる「G★」、トレンドはアクション/FPS (Impress Game Watch)

どちらの記事もとても詳しくレポートされています。
まあ、当たり前ですよね。プロのカメラマンさん、記者さんが
ゲーム業界人向けに取材されているのですから。

私はプロの視点からは無理なので
韓国在住主婦の視点から書き進めていきます(笑)

韓国大手企業ではSKテレコムもブースを出していました。
SKテレコムブース(外から見たところ)

ゲームと関係のない生活をしている人間にとっても
SKテレコム(携帯電話韓国シェア1位)は身近な企業です。

モバイル型のゲームなどが展示されていました。
モバイルゲーム(SKテレコムブースにて)

蒼天オンラインのブースでは
「家訓」を書いてくれるイベントが行われていました。
家訓書きます

こういう「家訓書きます」っていうのは
近所の公園でフリーマーケットをするときにも
よくあるイベントです。

次回はG★2006に出展していた日本企業を
紹介していきたいと思います。

バンダイコリア・ブラモデルブースより「ケロロ軍曹」

視点はエギエンマです(汗)
人気blogランキングへ

G★2006(1)
G★2006(2)
G★2006(3)
G★2006(4)
G★2006(5)
posted by くるくり at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | KINTEXレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28101336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。